1,000円で当たるわけないのに、なぜやるの?

当ページのリンクには広告が含まれています。
本題に入る前に、興味深い動画を

パチスロを実践している人で、
1,000円だけ、打って帰る人
見た事がある方も、多いはず。

1,000円で当たると思っているのか?

という考えの方も、居るはずですが、
詳しく、解説します。

目次

1,000円で運試し

通常のレートなら、
パチスロの最低投資金額は1,000円です。

機種によって違いますが、1,000円で、
だいたい25~35ゲーム回す事ができます。

ただ、1,000円で大当たりになるのは、
極めてまれなケースと言えます。

例えば、マイジャグラー4の
設定1での大当たり合成確率は
1/172.5です。

そのうち、
約300枚のメダルが払い出される
ビッグボーナス確率は1/287.4です。

1,000円で、
30ゲーム回せると仮定すると、

ビッグボーナスを引くまでに、
10,000円が必要な計算
です。

なので、1,000円で当たれば
ラッキーということです。

逆に、1,000円しか持たないで
パチスロを実践するのは、
お金を捨てている事になりかねません。

パチスロを実践する際は、
ある程度の資金を用意した方が
賢明と言えるでしょう。

世の中で起こる出来事の確率について、
面白い書籍があるので、ぜひ。

ニュートンプレス
¥858 (2024/04/17 06:41時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

宵越しの天井狙い

やや、無謀ですが、1,000円だけ投資して
ボーナスを当てることに、
可能性を見出すのであれば、
天井間際のAT機をやるのもアリかも?

据え置きだと想定して、
前日の終了ゲーム数から、

モードごとに設定されている
天井の数値に、1,000円で到達する台があれば
1,000円で爆勝ちするのも夢ではありません。

ですが、当然、店舗側も分かっていますから、
天井間際になっている台は、
リセットをかける事が濃厚です。

ものの数分で実践終了し、
爆勝ちの夢は、儚く散ってしまいます。

1,000円ずつ何台も実践する

YouTube等で、
ジャグラー実践の動画の中には、

「各台1,000円ずつ実践したらプラスになるか?」

といった企画ものがあります。

ジャグラーのビッグボーナスは
約300枚の出玉(※5号機)

6台実践して、
1台でもビッグボーナスになれば、
トントンになります。

ある動画では、20数台実践して、
ほぼ、トントンという結果でした

何十台と実践すれば、
その分、投資金額もかかりますから、

純粋に、1,000円だけ投資
というわけではありません。

ですが、実践のバリエーションの、
ひとつとして考えると、
面白い方法ではあります。

連チャン狙い

ジャグラーを実践していると、
「ジャグ連」といわれる、
100ゲーム以内に大当たりが続く現象が
起こることがあります。

ただ、ジャグラーには、
天井や大当たりのゾーンがないので、
「○○ゲームまで打ったら当たる」
という保証はありません。

100ゲーム以内で当たる「ジャグ連」も、
単に、設定や、引きの良さによって、
生まれるものです。

にもかかわらず、とりあえず、
ボーナス後100ゲームまでは回す
という実践者は、かなり多い。

台選びの時にも、
1,000円で当てたい実践者は、

ジャグ連を期待して、
60、70ゲームといった、

もう少しで、100ゲームになる台が
空いていると、座ってしまいます。

その延長で、もう少しで500ゲーム等、
キリのいい数字になりそうな台があると、

そのゲーム数までやってみようと、
ついつい、実践してしまう人も多いです。

ブドウ落ちで設定確認

大当たりまでは見込めないものの、
設定差を見極めるために、
1,000円だけ投資して、
様子見をする場合もあります。

そのひとつがジャグラーの
「ブドウ落ちのカウント」です。

小役カウントのど定番、
勝ち勝ちくんはこちら。

マイジャグラー4で見てみると、
ブドウが成立する確率は、
設定1で1/6.35、
設定6で1/6.07となっていて、

ほんの少しですが、設定によって
差があること
が分かります。

このわずかの差も、
長時間では、その差を感じます。

通常、ジャグラーで、
1,000円分のメダルで、
実践できるゲーム数は30ゲーム程度。

少なければ、
20ゲーム足らずで終わってしまいます。

ですが、ブドウ落ちが良いと、
50ゲームを超えることも

少ないゲーム数では、大幅に、
上ブレ、下ブレが発生するので、

低設定でも、たまたま50ゲームとか
回ることもありますが

通常、ブドウ落ちがいい台は、
設定が入れてあると考えられており、
50ゲームも回れば、十分継続に値します。

勝ち逃げ狙い

当たり前の話ですが、パチスロは、
投資枚数より、払い出し枚数が上回れば、
「勝ち」です。

投資した分を回収し、
いくらかプラスになった時点で
サクッと、勝ち逃げするのも、
立派な実践法です。

AT機など、天国モードがある機種ならば、
天国モードのゲーム数まで回して終了するとか、

ジャグラーシリーズなら、
大当たりが終わった時点で即やめするとか、

プラスになっていれば、
自分が納得がいくところまで実践して、
終了するのもアリでしょう。

1日実践でのトータル勝ち狙い

勝ち逃げで、もったいないのは、
高設定の台で
実践しているにも関わらず、
台を離れてしまう事です。

そのため、
高設定であると確信できた場合、

時間の許す限り打ち切る
という実践方法が、王道でしょう。

長時間、実践していると、
当然、ハマりもありますが、
そこは、折り込み済み。

高設定であれば、ハマる前よりも、
メダルの枚数が増える場合も多い
ため、
トータルでプラスになることを
目指して実践するのです。

高設定台で、
閉店まで打ち切った台の周りには、
ドル箱が山積みされているかも。

まとめ

1,000円で当たるほど、
パチスロは甘くない事は、
実践者なら、誰でもわかっています。

そのため、確実に勝つには、
ある程度の、まとまった資金が必要です。

もちろん、1,000円で当たる可能性も
0ではありませんが、そのようなやり方は、
ただのギャンブルと言えるでしょう

資金が十分にない時に、
1,000円だけ実践するよりも、

資金が貯まるまでやらない
というのが、賢い実践法と言えます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次