サンドに1,000円づつ入れてる人にムカつく

当ページのリンクには広告が含まれています。
本題に入る前に、興味深い動画を

パチンコ、パチスロを実践する際、
あなたは、いくらづつ現金を投入しますか?

最近のサンドは、
5千円札でも、1万円札でも入るので、
どちらかを入れる方が大半だと思います。

ただ、中には、1,000円づつ、
現金を投入する人もいて、
ネット上でも賛否両論あります。

詳しく、解説します。

目次

なぜ、1,000円づつ入れる人にイライラするのか?


「5千円札でも、1万円札でも入るし、
 もし、使わなかったとしたら、
 あとで精算もできるのに
 なんでそうしないのか?」

と、疑問に思う人は、意外と多いようです。

イライラするポイントは、
人それぞれなわけですが、

例えば、千円札を
サンドに入れようとしても、
サンドが読み取ってくれない事
たまに、あります。

カチモリ

サンドについては、下記の記事もご覧ください

そのような場合の原因は、
お札の角が折れ曲がっていたり、
旧札だったりする
のですが、

何度、入れても、返ってくるのを見て、
それが目障りに感じる人も多いです。

しかも、なんとか、
その千円札を入れても、

1,000円づつ入れると、
それが、何度も起こることも・・・。

投入している本人もそうですが、
見ている方まで、
イライラしてしまうのは、
仕方ないのかもしれません。

また、お金の投入口が上にあったり、
筐体に隠れて入れるのが
厄介な感じのケースもあります。

こんな場面で、
何度もサンドに投入となれば、

自分の事でなくても
イライラするものです。

以前は1,000円づつしか入れられなかった

パチスロの歴史を紐解くと、
昔は、サンドすら存在せず、

景品カウンターで50枚のメダルの棒を
貸してもらうところから始まりました。

よく、1,000円を1本と表現しますが
メダルの棒が1本1,000円だったことから
由来しているという説もあります。

サンドが登場した当初は、
1,000円づつしか入れられなかったので、

店内には、何箇所も、
両替機がありました。

4号機の爆裂機が出始めると、
1日で10万円を使うのが
当たり前の時代になります

そうなると、
わざわざ両替機のところに行くのが、
かなり面倒になります。

そんな頃、5千円札や、1万円に、
対応したサンドが登場し、
それが主流になったのです。

元々、1,000円づつしか入らなかった時には、
そんなイライラは存在しなかったわけです。

今でも、1,000円づつしか入れられない店舗も

日本全国、どこの店舗でも、
5千円札や、1万円に対応した
サンドのお店とは限りません。

経営的に余裕がない店舗では、
今でも、千円札しか対応していない
サンドを使っている店舗もあります。

こうした店舗には、今でも、
店内に、両替機が設置されています。

なお、スロッターにとって重要なポイントは、
熱くなって、お金を使いすぎない
という事だったりします。

1万円を入れてしまうと、
キリの良いところまでやろう
ついつい、考えてしまいます。

でも、1,000円づつだと、
また、両替するのも面倒だし、
もういいやと思いがちです。

店としては、
5千円札や、1万円に対応した
サンドを設置した方が、
売り上げは上がると言えます。

ただ、今だに、
1,000円づつ入れる人は、

細かく軍資金の管理を
している人なのかもしれません

見切りが早く、損切りがうまい方が
軍資金は、手元に残りやすいです。

負け幅も小さくなり、
次で、巻き返すことも十分に可能です。

1,000円づつ入れてみよう

イライラする前に、
なんで、1,000円ずつを入れるのか、
あなたも実践してみると良いです。

すると、そのメリットを
思っている以上に感じられることも。

1万円札を入れてやれば?

と、言いたい人もいるでしょうが、
それは、個人の自由でもあります。

それならば、
あえて、あなたも一度やってみて、
判断するのが良いかもしれません。

隣のお客さんにイライラし始めたら、
ツキも逃げていくかも・・・。

開運グッズが好きな人は、
こんなマネークリップもおすすめです。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次