なぜハマりがあるの?

当ページのリンクには広告が含まれています。
本題に入る前に、興味深い動画を

パチスロを実践していると、
必ず訪れるハマり

これは、低設定台だけでなく、
高設定台でも起こります

コンスタントに出てくれれば良いのに、
なぜ、ハマってしまのか?

詳しく、解説します。

目次

なぜ、ハマるのか?

パチスロ台の大当たり確率は、
設定1でも、現実的な数値です。

例えば、マイジャグラー4の場合、
ビッグボーナスと
レギュラーボーナスの合算確率は、

設定1だと172.5分の1、
設定6だと120.5分の1です。

パチンコでいう、ライトミドル、
ちょっとした甘デジレベルなのに、
何百回転もハマるのは不思議です。

なぜ、ハマりが存在するのか?

そこには、確率のゆらぎが、
大きく関係しています。

確率のゆらぎとは?

例えば、
メダルの表裏の確率は2分の1ですが、

さっき裏が出たから、次は絶対表!

とは、言い切れません。

裏が、2回連続3回連続
という事も、充分ありえます。

もちろん、その逆もあるわけですが、
試行回数が、多ければ、多いほど、
2分の1の確率に近づいていきます

もう少し、具体的な数字で言うと、
100分の1の確率で100ゲーム、
200分の1の確率で200ゲーム、

この間、当たりが出ない可能性は、
36%もあります。

なので、ミリオンゴッドで、
8,192ゲーム回しても、
GOD揃いが引けない確率も36%なのです。

つまり、3回に1回以上は、
確率通りのゲーム数よりも
ハマる可能性があるという事です。

数学的に言えば、確率の
2倍ハマる可能性が13%で、
3倍ハマる可能性は5%
です。

感情論ではなく、
数学的な観点で考えてみると、

2倍以上ハマる(当たらない)可能性は、
充分にある事が分かります。

世の中で起こる事象の確立について
面白い書籍があるのでぜひ。

ニュートンプレス
¥858 (2024/04/10 02:07時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

逆にゆらぐことも当然ある

運よく、設定された確率よりも、
先に当たる事も、当然あるわけで、

確率の半分のゲーム数で、
当たる確率は40%です。

確率と同じゲーム数で、
当たらない可能性は36%、
確率の半分のゲームで当たる可能性は40%。

比較してみると、
確率の半分の回転数で当たる方が、
若干多い
という事になります。

ハマりもあるけれど、
逆に、早く当たる事もある。

結局は、その時の運(ヒキ)次第なのです。

ですので、大勝ちする事もあれば、
大敗けする事もあるというわけです。

確率論にオカルトの要素は全く無い

ことごとく、ツイてない日があるように、
何をやっても、うまくいく日もありますが、

トータルで考えてみれば、
どの人も同じようなものです。

『人は、悪い事をよく覚えている』

ハマった事ばかりを覚えていて、
確率よりも、かなり良い回転数で
当てた事はあまり覚えていない
というのは、よくある事です。

何回転からハマりと定義するのかは、
人それぞれと言えますが、
ハマり自体は珍しい事ではありません

それと同じで、
ハマらずに当たる事もよくあるわけです。

特定のゾーンで、
当たりやすくなる事はあっても、

そこで当たらないのは、
運(ヒキ)が悪かっただけです。

カチモリ

特定のゾーンについては、下記の記事もご覧ください

期待値というものには、
かなり当てた場合と、全然ダメだった場合、
その両方が含まれています。

常に、期待値通りになるという事ではなく、
平均すれば、だいたいそのあたり
というのが、期待値です。

気温で考えれば分かりやすいですが、
平均気温が20度と言っても、
10度の時もあれば、30度の時もありますよね。

何かのタイミングが重なれば、
平均気温が20度の場所でも、
5度ぐらいまで落ちる事も考えられます。

“そんな時もある” ぐらいに、
とどめておく
事が重要ですね。

それ以上に、確率よりも、
早い段階で当たる事もよくあります。

ハマりは、必ずあるものなので、
避けられるものではありません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次