パチスロでいつも負けている人

当ページのリンクには広告が含まれています。
本題に入る前に、興味深い動画を

パチスロは好きだけど、
いつも負けてしまう・・・

そんな方も、多いかもしれません。

勝つこともあるけど、負ける方が多い。

そんな場合は、
自分には、何かが足りないと思うべきです。

負ける理由を見つけて、
しっかり改善していきましょう。

目次

次のボーナスまで当てようとする

パチスロで、常に勝っている人は、
意外とあっさりした人が、多いものです。

例えば、ある程度、出ていたとしても、
こうなったら辞めようとか。

ある程度の出玉があれば、普通の人は、
もう少し粘ってみようと考えます。

しかし、常に勝っている人は、
いま、実践している台よりも、
良い台は無いかと、常に探しています。

もう少し粘ろう・・・と考えて、
うまくいく場合もあるでしょうが、

根拠も無しに粘ってしまう人ほど、
飲まれて、終わってしまいます。

それぞれの機種に、
期待値というものがありますが、

今の状況や、残り時間も加味して、
期待値の高い台を探す事が重要です。

微妙な状況、微妙な展開なら、
さっさと、見切りをつけるのも、
大きく負けないための方法と言えます。

期待値が、何なのかを分かっていない人

期待値を認識した上で、
実践出来ているでしょうか?

このゲーム数から始めたら
期待値はこのくらい、
というものが機種ごとにあります。

それを理解して、実践していれば、
勝ちやすくなっていきます。

もちろん、確率論の話なので、
期待値より、勝つこともあるし、
期待値ほど出ず、負けることもあります。

でも、最終的には、
期待値に収束するものなので、
長い目で見れば、勝ちやすくなる

この事を理解して、実践出来ていれば、
何の問題もありません。

もし、適当に座って、
適当に実践しているのだとすれば、
負けて当然なのです。

このゲーム数からでないと、
あの台は打たないぐらいの考えが必要です。

世の中で起こる事象の確率について
面白い書籍があります。ぜひ。

ニュートンプレス
¥858 (2024/04/10 02:07時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

オカルトを必要以上に信じる人

パチスロには、波があり、
その波に乗れば勝てる
と、言い張る人もいます。

ですが、パチスロは、
確率で制御されたものであり、
常に同じ確率で、抽選されています

当たりやすい波、当たりにくい波があって、
どう見極めるかなんて、
本来は、あり得ないことです。

300分の1の大当たり確率で、
そろそろ300回転だから当たる
と、言っているようなものです。

確率が収束するのを体感するには、
何万回転も、させなければなりません。

カチモリ

確率の収束については、下記の記事もご覧ください

波があるというのは、単に、揺らぎの一部
経験しているに過ぎないという事です。

これを、正しく理解していないと、
オカルトを信じやすくなり、
結果、負けやすくなります

スランプグラフが、
ずっと、下降している台があった時に、

これだけハマっているなら、
そろそろ当たるだろう

と、安易に考える人が結構いますが、
設定が変わっていない限り、
そのようなことはあり得ません。

厄介なのは、
オカルトを信じて、成功すると、

その成功体験を、
大事にしてしまうことです。

勝つためには、設定が良い台を打つ
これに尽きます。

そして、設定が良い台でも
負ける時は負ける、それがパチスロです。

オカルトで勝つのは偶然の産物なのです。

台が空いてたら座って打ち始める人

混んでいる店舗だと、
動きたくても動けない状態になりがちです。

そのような場合、空き台がわずかで、
仕方なく、そこに座って打ち始める
という人を、よく見かけますが、

これでは、勝てません

運良く、勝てる事もあるでしょうが、
負ける事が、ほとんどでしょう。

明確な狙いを持って、
実践すれば良いわけですが、
それが無いわけです。

いつも負けている人の典型的な例は、
結局、深く考えずに実践している人です。

良い台が空くのをひたすら待つ事が重要。

考え方としては、釣りと同じです。

もし、良い台が無くて、
その日は、実践しなかったとしても、
負けなかった事が重要です。

勝つ事も、大事ですが、
負けない事は、もっと大事。

それを繰り返していくことが、
勝ち続ける事につながります。

どの機種をやるか決めていない

店舗に足を運ぶ時、
どの台(機種)を実践するか決めて行きますか?

朝一、並んでいる際など、
良い番号を引いた時に、
慌てて決める人も多いはずです。

でも、そんな事では、
勝てるものも勝てなくなってしまいます

何度も行った事のある店舗ならば、
その店舗の傾向
事前に、把握しておかなければなりません。

全機種に、まんべんなく設定が入っているとか、
末尾が、特定の数字の台だけ強いとか、
何かしらの傾向があるはずです。

その店の、傾向を踏まえた上で、
どの台を実践するか、
前日には、決めておきたいところです。

前もって決めておけば、
もし、抽選で良い番号を引けなくても
様々なプランが描けます。

行き当たりばったりでは、
朝の抽選で、何番を引こうと、
いつ並ぼうと関係ありません

おそらく、良い番号を引いても
それを活用しきれず、負けてしまうでしょう。

前日のデータなどを見て、
明日、狙うならこの台と、
目星をつけておくだけで全然違います。

事前準備をしっかりやっておけば、
パチスロで負けにくく、
勝ちやすくなるはずです。

隣でたくさん出されて諦める人

あなたは、こんな経験がありませんか?

隣の台で、フリーズ演出が出て、
大量のメダルが出ているのを
ただただ、見させられるような経験。

人によっては、それを見て、
やる気を失う人がいます。

反対に、俺だってフリーズぐらい引けるぞ
と、ムキになってしまう人も。

でも、ちょっと立ち止まって考えてみましょう。

隣の台が、どれだけ出ようと、
あなたが、今、打っている台に、
何の影響があるのでしょうか?

隣が出ている場合、
並びで、高設定を入れないだろうと
考えてしまうのは、自然ですが、

しかし、それは、
設定差のある演出や小役などを
数えて判断すべき事です。

隣が出ているから、この台の設定は悪い、
なぜそのように言い切れるのでしょうか?

隣が出ようと、出まいと、関係ありません。

大事なのは、目の前の台が
どんな数字を叩き出しているか、
それだけです。

まとめ

負けやすい人は、
方針をあっさり変えてしまう人でもあります。

この場合にはこうする、
あの場合にはああする
核となる考え方(戦略)がありません。

とにかく、あの台を打ちたい、
楽しみたい、それが、先に来ます。

その気持ちは分かりますし、
楽しみたいなら、それも良いのですが、

勝ちたいなら、
まずは、戦略を立てることが大事です。

好きな台があれば、
その好きな台に関する戦略を
しっかり立てて、実行すること。

得意な台を作っておけば、
後は、それを実践していくだけです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次