景品交換所のTUCについて

当ページのリンクには広告が含まれています。
本題に入る前に、興味深い動画を

パチンコ、パチスロの
景品交換所には
『TUC』の表示があります。

この『TUC』とは何なのか?

パチンコ、パチスロの出玉を、
三店方式によって、換金する際に、
切っても、切り離せないのが
この『TUC』です。

カチモリ

三店方式については、
下記の記事もご覧ください

この記事では、TUCについて、
詳しく、解説します。

目次

本物の金を使って取引するTUC

パチンコ、パチスロの実戦後、
店内の景品カウンターで、
特殊景品に交換してもらえますが、

その特殊景品を、よく見てみると、
中に、が入っています。

この、金が入った特殊景品を
買い取ってくれるのがTUC。

TUCとは、
東京ユニオンサーキュレーション株式会社
の略称です。

TUCが設立されたのは1990年で、
特殊景品を卸す、
東京商業流通共同組合
買取部門として設立されました

この、東京商業流通共同組合に加盟している
パチンコ、パチスロ店が、

金を使った、
やり取りを導入しているわけですが、

都内全域に広がるまでに、
実は、17年もかかったのです。

なぜ、それほどの時間がかかったのか?

金を使うシステムならではの苦労

当初の、特殊景品の金は、
1グラムと、0.3グラムの2種類しか無く、

大景品が2,500円、
小景品は1,000円でした。

2007年には、
パチンコ、パチスロ店内で
受け取った特殊景品を、

TUCではなく、
一般の金売買業者で換金した方が、
高く買い取ってくれるという噂が
一気に広まり、

特殊景品を、TUCに持ち込まず、
一般の金売買業者に持ち込む人が、
たくさん見られました。

このような事や、
金の相場が上がった影響もあり、

2010年には、
大景品が2,500円⇒4,000円に、
小景品も1,000円⇒1,500円となり、
全体的に特殊景品の価値が高くなりました

この影響を大きく受けたのが、
5円スロットや、2円スロットといった、
低貸しコーナーで遊ぶお客さんです。

獲得出玉が、
小景品の1,500円分に満たない場合、

それらは、特殊景品に交換できず、
すべて余りメダル
となってしまいました。

1,500円分以下の獲得メダルが、
すべて余りメダルとなり、
お金に変えられず、

お菓子や、飲み物にしか
交換出来ないのは、
低貸しコーナーで
遊ぶお客さんにはきついです。

こうした事を受けて、
2013年からは、
もう一段階小さい景品が導入され、

大、中、小、
3種類の特殊景品になり、

500円単位の
交換も行われるようになったのです。

TUCができた経緯は?

そもそも、TUCができた経緯ですが、
パチンコ、パチスロ業界に、ある団体の、
介入があった為と言われています。

その団体とは、暴力団(ヤクザ)です。

1990年代の初めくらいまで、
景品交換所や、パチンコ、パチスロ店に、

「手数料」「みかじめ料」
を要求する暴力団が多く、

多くの交換所や、店舗が、
頭を抱えていました。

とある繁華街では、
通常の景品交換所のすぐ近くに、

暴力団が、非正規の景品交換所を作って
特殊景品を交換しに来た人たちを、

自分達の交換所に誘導し、
正規の交換所よりも安く交換させ、

それを、自分たちが正規の交換所で交換して、
差額で儲けていました。

パチンコ、パチスロ店の売り上げが、
暴力団の利益につながなることを憂慮した、
当時の東京商業流通協同組合の組合長が、

普遍的な価値を持つ「金」を使った
交換システムを作ろうとしたのが
TUCの始まりです。

暴力団の妨害を受けながらも・・・

暴力団を介しないシステム作りには、
当然、反発が起こりました。

暴力団側は、
自分達の資金源を奪われまいと、

行動を起こした組合長に対し、
自宅近辺に、ゴミをまくなどの、
いやがらせで、妨害をしたり

パチンコ、パチスロ店の前に、
街宣車でやって来て、

店舗と、警察が、癒着していると
吹聴して回っていきました。

店舗や、組合長の周囲の人達も、
めげてしまいそうな中、

次第に、沸き起こる、
暴力団を排除していこうという
社会的な空気が、
この状況を、好転させます

街宣車によるアジテーションが、
「騒音」「恐喝」としてみなされ、

規制の対象となり、
暴力団員らが
次々に、逮捕されたのです

それを皮切りに、1992年から施行された
「暴力団対策法」という追い風も受けて、

妨害していた暴力団が、
解散届を提出したことで、騒動は終了。

ここから、改めて、
金を使った景品交換システムの
確立へと進んでいきました

ただ、暴力団という脅威は去りましたが、
これまでとは、全く異なった
システムの導入に対して、

新たなコストがかかる事や、
システムが変更されること自体に、

不満を持っていた
パチンコ、パチスロ店もあったため、

TUCが、都内全域に定着するまでに、
17年もの歳月を、費やしてしまったのです

ちなみに、パチンコ、パチスロの
利権に関するものや、
面白い書籍を4つご紹介します。

著:大崎 一万発, 著:ヒロシ・ヤング
¥1,485 (2024/04/10 01:36時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
著:宇佐美 典也
¥1,320 (2024/04/13 07:21時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
著:若宮健
¥780 (2024/04/08 23:28時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
宝島社
¥880 (2024/04/09 15:59時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

本物かどうかをチェックしている

TUCで、特殊景品を交換する際は、
機械を通して数えていますが、
なぜ、直接景品を数えないのか?

それは、TUCで、特殊景品を
計数の際に通している機械は、

金が本物かどうか、
チェックしている
のだそうです。

東京商業流通協同組合のお墨付きで、
TCUの90%で使われているという
その機械の正式な名称は、
「金地金真贋検査機」といい、

1秒で、3個の特殊景品の真贋(本物か偽物か)を
判別できるそうです。

プラスチックでパッケージングされ、
ホログラムシールで封印されているため、

中の金を入れ換えたりする事は、
簡単に出来なくなっているものの、

やはり、万が一、
不正があってはいけないので

しっかりと確認するために、
必ず、機械を通しているのです。

TUCのセキュリティは?

日本全国で、毎年数件は、
景品交換所が襲われて、
現金を奪い取られるといった事件
発生しています。

TUCには、セキュリティのために、
どのような設備がついているのでしょうか?

特殊景品を持ち込んだ人との、
やり取りを記録する防犯カメラや、

不審者の発見や、
まさに事件が起きている時に押す非常ボタン

各種防犯センサーからの信号を受けて、
警備員が駆けつける
機械警備といったものは、
ほぼ、標準装備になりつつあります。

TUCの店舗の壁などに、
警備会社のシールが貼ってあれば、

その警備会社の機械警備が、
導入されている可能性が高いです。

他にも、非常ボタンや、
各種防犯センサーに連動した非常ベル

通りかかるとライトが点くセンサーライト
暗証番号を入力しないとドアが開かない
テンキー付き扉など、

TUCの交換所が襲われないような備えと、
万が一、襲われた時でも、
迅速な通報が可能になっています。

TUCの店舗は、小さいながらも、
多額の現金を扱っているため、

銀行並みに、
セキュリティ設備が充実しているのです

TUCならどの店舗でも交換できるの?

基本的に、TUCで扱われる特殊景品は、
どこも、そんなに変わりません。

ケースが微妙に違えど、
中に入っている金の量は同じです。

そのため、本来、利用すべきTUCとは、
別のTUCで、換金することも、実は可能です。

繁華街のパチンコ、パチスロ店では、
景品交換所を見つけるのが、
意外と大変だったりするので、

地元のTUCで換金すればいいや・・・
と考える人も、それなりにいるようです。

理想は、実践したパチンコ、パチスロ店から
一番近いTUCで換金すること
ですが、
他のところでも、大丈夫なことが多いです。

ただし、店舗のレシートと、
一緒に出さないといけないTUCもあり
断られる可能性もあります。

このあたりのルールは、細かく変わり、
レシートがもらえる店舗と、
そうでないところ
に分かれています。

ですので、同じ東京都内だからといって、
離れたTUCで、換金しようとしても
断られるケースもありるのです

景品交換所が分かりにくい時は、
同じ店から出てきた人に、
付いて行くと辿りつけます。

ただ、特殊景品は、
お金と同じようなものなので、

露骨な尾行は、警戒されますし、
気持ち悪がられますので、
気をつけましょう

なお、店員さんに、
TUCの場所を尋ねたとしても、
風営法の影響で、教えてくれないので、

どうしても場所が分からない場合のみ、
このような形で見つけるのが良いでしょう。

もし、当日中に、
特殊景品を交換できなくても、

中身は金ですし、
交換できなくなるようなことは、
ほぼ無い
と言えます。

ただ、金の相場が変わることもありますし、
本来、手にするべき金額が、
減る場合もありえるので、

その日のうちに交換する、
それが、一番確実です

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次